浴室リフォーム、介護しやすいお風呂にする方法は?

浴室リフォームで介護しやすいお風呂にする方法についてまとめてみました。

 

介護をする時は、その人の状況に応じてのリフォームが必要となる場合も少なくありません。特にバリアフリーで建てられていない住宅に関しては、介護しやすい状態にするかどうかでその後が大きく変わってくるとも言えます。

 

では、例えば浴室リフォームをする場合はどのようにすれば良いでしょうか。

 

浴室リフォームには手すりが必須

入浴というのは案外力が必要となる場合も少なくありません。まず必要なのは手すりを取り付けると言う事です。

 

手すりが必要となるのは主に2か所で、一つは浴槽と並行に取り付ける手すりです。これを取り付ける事によって、浴槽から立ち上がりやすくなると言う効果が期待出来ます。

 

もう一つは浴槽に垂直に取り付ける手すりで、これによって体のバランスを整えやすくなったり、立った状態になりやすくなります。

 

介護しやすいお風呂は段差のないお風呂

また、介護と言う点から行くと浴室と脱衣所の段差をなくすと言うのも必要な事です。

 

またある程度体を洗うスペースを用意しておくと言う事も必要となります。浴槽は浅いタイプであればそのままにしておいても問題は有りませんが、もし深いタイプになっているのであれば、足を伸ばして入浴できる位の大きさの物に変える必要があります。

 

そうする事によって、浴槽から出るのが楽になるからです。

 

介護と言うのはその人の状態によってどこまで行う必要があるかという事が変わって来ます。ただ共通して言えるのは、介護される側が出来る事まで奪ってはいけないと言う事です。

 

従って自分で立つ事が出来るのであればそれをサポートする事が出来る手すりを取り付ける事は必要だし、全て介助する必要があるのであれば介護する側が楽に動く事が出来る位の浴室のスペースを確保する必要が出て来ます。

 

まずは自分の置かれている状況がどのようになっているかを把握し、どうすれば楽に動く事が出来るか、余計な力を掛ける事無く動く事が出来るかという事を明らかにする必要があります。

 

またそこからどのような工事を行う必要があるかを考える事が、介護しやすいお風呂にする為の浴室リフォームを行う上で重要な事になると言って良いでしょう。

 

 

◆風呂リフォーム費用の秘密!正しい見積もりの取り方知ってますか?>>