お風呂リフォーム費用の目安を知る

お風呂リフォーム費用の目安を知ることは、業者見積りをチェックする上でもとても重要です。

 

日本人にとって、1日の汚れを落とし疲れを癒してくれるお風呂は欠かせないもの。

 

近年お風呂事情は年々進化する一方です。自動湯沸かし器はもちろん、追い炊き機能が備わっていたり、浴室暖房機能や、冷たくなりにくい床など、とても快適に変化し続けています。

 

古いお風呂といえば、自動湯沸かし器や追い炊き機能はなく、浴室暖房もついていないと言う浴室がほとんどで、タイル貼りの壁はカビが生えやすく、また狭くてお湯も冷めやすく、不便な思いをすることも少なくありませんでした。

 

そんな浴室をもっと快適に、もっと今どき風にしたいと言うことで、お風呂リフォームを検討する家庭も増えています。

 

例えば浴室そのものを大きく広げたり、せっかくならばと、将来的な事も考えて段差の少ないバリアフリーにしたり、安全面を考慮して手すりを取り付けると言ったお風呂リフォームや、浴槽や内装だけを新しい物と交換すると言ったお風呂の部分リフォームなど、内容は家庭により様々です。

 

お風呂リフォーム費用の目安

そのためお風呂のリフォーム費用もまちまちになりますが、おおよその目安として

 

お風呂リフォームの費用は50万円から150万円程度の値段がかかる

 

と言われています。壁や床など内装のみのリフォームであればそれほど費用もかからずに済みますが、浴槽の交換や内装までの全部をリフォームするとなると、一般的に100万円以上はかかります。

 

そこで、どこまでなら支払うことが出来るのかと言う予算も考慮して、本当に必要な部分のみのリフォームを検討することが大切になります。

 

また、リフォーム業者を選ぶ際には、最低でも2社以上へ見積もりを依頼すると良いです。なぜならば、1社のみでは、提案された金額が適正な価格なのかが分からないからです。

 

そこで、2社以上へ見積もりを依頼することで、それらの価格を比較することが出来ます。そして、最も適正だと思われる価格を提案した業者や、予算に当てはまる業者を選ぶことをおすすめします。

 

お風呂リフォームをすると、バスルームの保温性が高まり、結果的に節水や節約になると言った利点もあります。

 

 

風呂リフォーム費用の秘密!失敗しないリフォーム見積りの取り方 >>