水回りリフォーム予算の目安はどのくらい?

水回りリフォーム予算の目安はどのくらいで考えておけば良いのかについてです。

 

家が古くなってきて、生活する上で色々不便な事が出てくるとリフォームを検討する方が増えてきます。時期については建物や設備の状況により異なりますが、大体新築から15年?20年くらい経過した頃に検討する方が多いようです。

 

特に水回りは長年使用しているとどうしても傷んでくるので、まずは水回りだけでも綺麗にしたい、と考える方は多いです。

 

では水回りのリフォームはどのくらいの予算を見ておけば良いのでしょうか?

 

水回りをリフォームする場合の予算目安

一般的には下記のような金額が目安とされています。

 

・キッチン:150万前後
・お風呂:100万前後
・トイレ:30万?50万ほど
・洗面所:50万前後

 

ただし、既存の水回り位置から大きく変更するような工事や水道の配管補修まで行う場合は更に費用がかかります。古い家の場合は、基本的に給水・排水の配管は補修または交換すると思っていた方が良いでしょう。

 

家の老朽化がどの程度進んでいるかによって費用は大きく異なりますので、事前にリフォーム業者に来てもらい、現場をよく見てもらった上で見積もりを取りましょう。

 

できれば、1社ではなく複数の業者からお見積もりを取ることをお勧めします。

 

マンションでは給水・排水の配管位置が決められていて、菅を動かす工事ができない場合もありますので、事前にマンションを建てた販売会社や管理組合に相談しておく必要があります。契約をしたけれど、実は工事ができなかった…というケースも実際に聞きますから、注意が必要です。

 

また、工事は各箇所個別に行うよりいっぺんにやってしまった方が、費用面でもお得になりますので、検討される際はまとめて行う事を前提に
見積もりを取る事をお勧めします。

 

最近では、各業者も顧客獲得のためにお得なリフォームパックを用意しているところも多くなっています。

 

商品を決める際は決してカタログだけで決めることはせず、お近くのショールームで実際に商品を見て、触ってみるなどして具体的にイメージを掴み納得してから購入しましょう。

 

長い期間毎日使用するものですから、じっくり検討し良い業者を見つけて快適なリフォームを実現させてください。

 

 

◆風呂リフォーム費用の秘密!正しい見積もりの取り方知ってますか?>>