風呂リフォーム、戸建てユニットバスリフォームの注意点まとめ

風呂リフォームで戸建てユニットバスリフォームをする場合の注意点まとめです。

 

戸建て住宅で風呂リフォームをしようという場合、これまでは既存の建物の枠組みの中に作られていましたので、土台のスペースをはじめとして、入り口のドアとか引き戸、窓の位置、天井の高さ、洗い場や湯船の大きさなどで、部分的な交換とか、補修という具合に限定した対応をせざるを得ませんでした。

 

特に、建物の基礎部分との関係もあって、湿気の関係や水漏れから建物自体に傷みが来ないように配慮した設計をせざるを得なかったことが大きな要因です。

 

でも、今や戸建てにおいてもユニットバス方式の風呂リフォームはとてもありがたく、便利で、しかも快適さが加わったものとなっていますし、大きさの調整も円滑にできるので、これをリフォームの際に検討対象にしない手はありません。

 

戸建てお風呂のリフォームにユニットバスが良い理由

まず湿気や水漏れの心配ですが、排水や換気に関する配慮はきちんとしていますし、そのことを計算した上で、基礎的な工事を施工しますので、心配は全く要りません。

 

天井部分のペンキの傷みや剥がれ、あるいは壁の部分の亀裂、床の継ぎ目の傷みなどが心配になるところが戸建ての場合は避けられませんでしたが、ユニットバスの場合はそのような材料の傷みが一切なくなると考えても大げさなことではありません。

 

それに乾燥機能や24時間換気機能などもついているのが普通ですから、雨の日や花粉の多いときの洗濯ものを乾かす場所としても大変便利なものとなります。

 

もちろん、浴槽は好みに応じたものを選ぶことができますので、足を伸ばしたまま肩まで浸かることもできますし、それでいて必要な水量は従来よりも少なくで済むようになっています。つまり、短時間でお風呂が沸きましたということにもなります。

 

シャワー機能なども、進化していますので、快適さはこの上なく確保されています。もちろんカラーも豊富に用意されていますので、いわば、高級ホテルのやや広めのバスルームが我が家に登場したというイメージがぴったりとなります。

 

洗い場の床も温かさが保てるようになっていますし、滑りにくい工夫もされています。全体からすると、戸建て在来工法のお風呂をユニットバスにリフォームするとそれなりのコストがかかることは確かですが、生涯使える快適な場所ということを考えれば安い買い物と言うことができます。

 

 

◆風呂リフォーム費用の秘密!正しい見積もりの取り方知ってますか?>>