お風呂リフォームの費用、業界の秘密を知らないと損します!

お風呂のリフォーム費用は、リフォーム業界の秘密を知ってから対処しないとかなり損します

例えばこんなお風呂リフォームをする場合ですが...

お風呂リフォームビフォーアフター写真

上の写真のようなお風呂リフォームをした場合の費用って、どのくらいなのでしょう?

費用の目安は50〜80万円です。

ここではどうして『』がついて、しかも金額がこんなにも違うのか?ということについて、お風呂リフォームの業界話を含めて解説しています。

 

お風呂リフォーム費用がマチマチな理由

お風呂リフォーム費用は、リフォーム業者が自由に決めるから!

そろそろお風呂のリフォームしなきゃなぁ...

 


と思っても、

 

チェック お風呂リフォームの費用ってウチだとどのくらいかかるんだろう?

 

チェック 足の伸ばせるお風呂にできるのかな?

 

チェック どこに頼んだら一番イイのだろう?

 

チェック アフターサービスも万全なのはどこ?

クラクラ

 

ってワカラナイことがたくさん出てきますよね。

 

そもそもお風呂リフォームなんてそんな頻繁にしませんし、一般的には一度経験をするかどうかくらいのモノですから。

 

なのでお風呂リフォームをどこかにお願いするとしても、

 

お風呂リフォーム費用って、いったいいくらが正解なんだろう?

 

って不安になるのが当たり前です。

 

ですが、お風呂リフォーム費用には、定価とか正解の金額ってありません

 

どんなお風呂リフォーム業者にお願いしても、業者毎に工事見積りの仕方が違うので、同じ金額が出てこないのです。

 

有名な全国リフォーム店であっても、チェーン店であっても、地場工務店であってもです。

 

イメージ的にいうと、注文住宅とか新築マンションとかと同じです。

 

見た目や内装仕様がほぼ一緒でも、価格が同じってコトないですよね?それと同じです。

 

お風呂メーカーの材料定価はありますが、リフォーム工事にかかる費用は業者独自に決めているので、その価格が全然違うことも普通にあるのです。

 

例えば近隣の大工さんに、某ユニットバスメーカーを使ったお風呂リフォーム費用の見積りをお願いしてみる。

 

同じ内容で、全国大手企業のリフォーム部門にお風呂リフォーム費用の見積りをお願いしてみる。

 

実際に試してみるとわかりますが、お風呂リフォームの見積り金額、全然違った価格で出てきます

 

見積り内訳とかってもっともらしく見積書には書いてきますが、同じユニットバスメーカーの同じ商品でも、お風呂リフォーム総額では全然違った金額になっています。

 

そうなると

 

やじるしどちらの金額が正しいのか?

 

やじるしこの見積りは高いのか?安いのか?

 

やじるし余計な工事を入れられていないか?

 

やじるしボラれていない?

 

やじるし保証の範囲やメンテナンスの違いは?

 

...このように、一般的にはよくワカラナイことがお風呂リフォームには多すぎです。

 

ではお風呂リフォームを損しないで行うためには、どうすれば良いのでしょうか?

 

 

お風呂メーカーの選び方

私は22年間、某大手住宅設備機器メーカーの工事管理会社で、新しいお風呂(ユニットバス)を納品する管理業務をしていました。

 

なのでその経験を基に、お風呂メーカーの選び方と、お風呂リフォーム費用のことについてお話させていただきますね。

 

まず最初にお伝えしたいこと、それは

 

今現在発売されているユニットバスは、どのメーカーも大差ないほど高品質です

 

各メーカーはこぞって新商品を発売していますが、ユニットバスは、かなり開発がしつくされている感があります。

 

最近ではモノ珍しい便利な新機能などもほとんどなくなってきました。

 

販売促進する側から見ても、メーカーごとの差別化がなかなかできない状況なんですね。

 

なので今ならどのメーカーのどのユニットバスを選んでもまったく遜色ない、損得はナイと思います。

 

つまりあなたが気に入ったお風呂を価格重視で選んで良いです。

 

 

チラシ⇒即電話は危険かも

例えばお風呂リフォームのチラシを見て

 

「フリーダイアルだし、TELして聞いた方がラクだし早いから〜」

 

と言ってスグに電話相談をしようとする方が大変多くいらっしゃいますが...

 

ちょっと考えてみてください。

 

そんなチラシを見て電話をしてきたアナタは業者側からどのように見られているのかを...

 

お風呂リフォームをヤル気満々だな...

 

な〜んて、最初に相手に悟られてしまってはダメなのです。

 

リフォーム業者は百戦錬磨の方々ばかりですから、これではアナタの優位な交渉にはなりません。

 

そうではなくて、

 

お風呂リフォームの業者さんはオタクだけではないのよ〜♪

 

という高い位置からお風呂リフォーム見積もりの依頼をしたいところです。

 

最初にアナタからTELで見積依頼をしてしまうと、電話応対が悪い時でも断りづらくなりますしね。

 

リフォーム業者さんにお風呂リフォーム費用を相談するなら、

 

ayamarugyousha

お風呂リフォーム費用のお見積もりなら、是非当社にさせてください!

 

と業者さんに言ってもらえるようにまずはメールなどでお問合せするのがいいです。

 

 

【業界ウラ話@】流通の仕組み

ユニットバスには定価(メーカー希望小売価格)というのが設定されています。

 

そして、その価格から○○%割引という形で売られていることが一般的です。

ofuro

 

そしてユニットバスメーカーのほとんどは直接販売をしていません。

 

小売りは販売店に委託しています。

 

このような商品販売の流れのことをを『商流』といいます。

 

ユニットバスメーカーで製造した商品が販売店に卸され、販売店から工務店に販売され、工務店がアナタに販売するという形です。

 

メーカー
 ↓
メーカーの委託販売店
 ↓
工務店
 ↓
アナタ

 

また、ユニットバスのような設置工事が必要な商品は、設置に関する様々な工事費用がかかります

 

この工事費用は、通常はアナタに販売をする【工務店】が手配します。ですから

 

<材料>【ユニットバスメーカー】
⇒@⇒【メーカーの委託販売店】
⇒A⇒【工務店】
⇒B⇒【アナタ】

 

<工事>【各種下請け専門工事業者】
⇒C⇒【工務店】
⇒D⇒【アナタ】

 

という流れで材料と工事の価格が発生します。

 

これを『材工見積』といって、材料と工事を合算した見積を意味します。

 

最近では【工務店】の部分が、大型家電販売店(ヤ○ダ電機)や大型DIY店(カ○ンズ)や、大型ショッピングセンター(イ○ン)などとなりつつありますが、その前までの流通はほぼ一緒です。

 

また、責任施工の面から、【ユニットバスメーカー】の認定下請け業者が設置工事付材料販売をすることも主流になってきています。

 

 

【業界ウラ話A】材料原価:ユニットバスの秘密

前出の流通体系で言うと、商品が流れるたびに利益が発生しています。

 

@からDまですべてに利益がその都度加算されています。

 

ざっくりとですが、その利益をお教えしますね。(あくまでも参考事例です!

 

@ユニットバスメーカー 20〜30%

 

Aメーカーの委託販売店 10〜15%

 

B工務店(材料) 30〜40%

 

C各種工事業者 30〜40%

 

D工務店(工事監理) 30〜40%

 

それぞれ原価に対して設定する目標利益の目安です。

 

メーカーは@の利益をを含めて委託販売店に商品を販売し、委託販売店もまたAの利益を加算して工務店に商品を売ります。

 

最近は市況もキビシイので、ナカナカ上記のとおり利益確保をするのが難しいのですが...。

 

ですから各メーカーや業者さんは、自社利益を少しづつ減らして受注を優先します。

 

この利益を減らすことが『値引き対応』です。

 

例えば『定価100万円のユニットバスが40%引き!』として販売されていると、材料価格は60万円ということです。

 

でもこの60万円には、@〜Bの利益が既にがっちり含まれています。

 

ということは...『材料は定価の40%引き!』となっていても@〜Bの利益が充分確保されているということ。

 

だってメーカー側も希望小売価格から値引きナシで売れるとは思ってませんから...

 

ちなみに各メーカーともに超高級ゾーン商品は材質が良くなっているので原価も高いですが、一般ゾーンの商品はほぼこの価格設定となっています。

 

私なら、汎用ゾーン商品のユニットバス(材料のみ)は55%引き以上で買えるまで値引き交渉します。

 

 

【業界ウラ話B】工事原価:ユニットバス工事の秘密

お風呂のリフォーム工事の場合は、次のような工事業種が順番に関わってきます。

 

【大工工事】既存お風呂の解体・撤去・処分、壁や床のやり直し仕上げ工事(平均2名×3日)

 

【電気工事】既存お風呂の電気結線外しおよび復旧(1名×半日×2日)

 

【水道工事】給排水管接続工事(1名×2日)

 

【ユニットバス設置工事】ユニットバスの組み立て(2名×1日)

 

最低でもこれだけの工種が作業をすることになります。

 

アナタの家のお風呂が古くて狭い場合は、ユニットバスを設置するための拡張工事が必要になります。

 

そうなると材料費もさることながら、より多くの工事人工を必要とするのです。

 

床・壁・天井の材料費というのはそんなに高くはありません。最もお金がかかるのは『工事人工費用』です

 

そして、これら工事人工をアナタに代わって代行手配するのが工務店の仕事です。

 

工事業者

 

もちろん3日間の工事なら、工務店も3日分の人件費と利益が必要です。

 

各工事会社に支払われる人工原価は、だいたい@20,000円/1日程度。

 

地域や季節によって変動はありますが、親方と手元(バイト)の日当を均して、工事店利益を加算してもそのくらいです。

 

◆大工6人工+電気1+水道2+ユニットバス2+代理人3=14人工 14人工 × 2万円 = 28万円

 

工事に必要な材料費は別途必要ですが、材料費は各業種合計で多くても8万円程度でしょう。

 

そしてすべての工事を管理する【工務店】の管理費(粗利益)を30%とすると

 

(工事人件費原価計28万円 + 資材費計8万円) + 工務店管理費30% ≒ 47万円

 

というのが、一般的な工務店の工事見積金額になると思います。

 

工務店から出てくる人件費は、前出の人工原価+30%=26000円くらいになっているハズです。

 

でも最近の工務店さんや異業種店さんは、これらの工種をパッケージ化して効率追求をしています。

 

水道業者がユニットバス設置工事や大工工事を兼任したりと...。

 

そのようにして自社で複数の工事を自前で行って工事原価を下げているので、逆に値引き交渉の余地があるとも言えるのです。

 

私なら工事費=人件費ですから、とにかく作業日数を短くする工夫(交渉)をします。


 

 

リフォーム見積り試算

それでは今までの解説に当てはめて、写真のお風呂リフォーム費用の見積り試算をしてみましょう。

 

お風呂リフォームビフォーアフター写真

 

これは在来工法で作られたお風呂をユニットバスにリフォームする工事です。

 

ユニットバスは普及タイプの商品ですので、定価90万円前後とすると

 

やじるしユニットバス価格 : 90万円 × 55% = 495,000円

 

やじるしお風呂リフォーム工事費 : ≒ 47万円

 

合計 : 965,000円 ←あくまで見込み価格

 

この見込み価格から、どれだけ値引きを獲得できるか...

 

ここが値引き交渉のスタートライン。

 

ここからどれだけ値引き獲得をできるかが、お風呂リフォーム費用で損しない方法になります。

 

つまり知り合いの業者さん1社だけにお風呂リフォーム費用見積りを依頼すると、工事内容の比較もできませんし、値引きしてもらう根拠も少なくなってしまうことが多いんです。

 

 

お風呂リフォーム費用で損しない見積りの正しい取り方

それはやはり信頼できそうなリフォーム業者から複数見積を取って、とことん比較することです。

 

例えばまず最初に、近所の大型ホームセンター等でお風呂リフォーム費用見積を依頼してみるという方法もあります。

 

この場合は地元の工務店かメーカー系工事社員のどちらかが代行業務を請負しているハズですので、そこがお風呂リフォームの見積りしてくれます。

 

ユニフォームの名前や名刺の名前が違っている場合は、大概そんな流通スタイルです。

 

こんな感じで、まず

 

チェック できれば地元の2社くらいにお風呂リフォーム費用の見積をお願いします

 

そして2社の見積をじっくり比較しながら、今度は大手リフォーム会社さんにお風呂リフォーム費用の見積りを依頼します。

 

これで大手リフォーム業者さんと地元2社の計3〜6社のお風呂リフォーム費用の比較ができます。

 

あとは3〜6社の中から一番信頼できて費用の安い業者さんを選ぶ。

ok

 

お風呂リフォーム費用の材工見積価格に定価はありません

 

一定の工事条件と工事品質であれば、安い見積もり=業者さんのガンバリですから充分評価できます。

 

とはいえ、上記のようなお風呂リフォームの見積り集めは手間と時間がかかりますし、

 

やじるし1社づつ良さそうなリフォーム業者さん選びをするのが大変

 

やじるしそれぞれの業者さんに連絡して同じこと(お風呂リフォームの希望内容)をいちいち伝えなきゃならない

 

というデメリットもあります。

 

なので最近は、ネットで簡単に優良リフォーム会社の一括見積りを依頼できるサイトを利用して、お風呂リフォームの見積もりを集めて比較検討する人が増えています。

 

お風呂リフォームの無料一括見積りができるサイト

やじるし リショップナビ

リショップナビ浴室リフォーム公式サイト

ポイント

  • 全国対応
  • 電話かメールの解答対応を選べる
  • しつこい勧誘がない

全国対応で登録リフォーム業者500社からアナタのニーズに合ったリフォーム業者を選べます。申込時にメールでの連絡か電話での連絡希望かを選ぶことができるのも便利。登録業者は『安心リフォーム保証制度』に加入しているリフォーム業者さんばかりなので安心です。


⇒ リショップナビ 詳細はこちら

やじるしタウンライフリフォーム

タウンライフリフォーム公式サイト

ポイント

  • 大手リフォーム業者を3つ紹介
  • リフォームBOOKプレゼント
  • 見積り登録が簡単

オリジナルのリフォームプランを大手リフォーム業者が無料で3つ提案してくれるタウンライフリフォーム。『成功するリフォーム7つの法則』というリフォームBOOKも先着でプレゼントされます。3分で簡単登録できるのもイイです。


⇒ タウンライフリフォーム 詳細はこちら

やじるし建築家オウチーノ

建築家オウチーノ公式サイト

ポイント

  • ビフォーアフター的
  • 建築家によるリフォームデザイン
  • こだわりの空間デザイン

人気のテレビ番組ビフォー・アフターのような匠の建築家を選ぶことのできるサイト。
さまざまな建築家のリフォーム事例を見ながらアナタのフィーリングにピッタリ合った建築家を探すことができます。
お風呂やキッチンだけでなく、こだわりの空間デザインをお願いしたいときにはココです。


⇒ 建築家オウチーノ 詳細はこちら


 

お風呂リフォームはほとんどの家が一生に1度しかしませんよね?

 

なので急いで決めなきゃならないことは全然ナイのです。(お風呂が壊れてしまって緊急性が高い場合は別ですが)

 

お風呂リフォームしようと思ったら、最低でも2〜3ヶ月くらいかけてゆっくりと、どんなプランにしようかとジックリ考えつつ検討すべきです

 

なのでその前にお風呂リフォーム業者の見積りや施工プランをたくさん集めておくことが重要です

 

タイミング的には、お風呂リフォームを思いついたらスグに、複数のお風呂リフォーム見積りプランを集めはじめるコト。

 

たったそれだけでお風呂リフォームの勉強や見積り比較が始められます。

 

また見積りを取ったからといって、

 

『スグに業者さんに返事しなきゃ!』

 

業者に返事をするのを急いだり焦ったり心配することは一切ありません

 

お風呂リフォームの業者もプロですから、1回の見積りで受注できるなんて微塵も考えていません

 

一般的にお風呂リフォームというのは、何度も何度も現場調査や見積りを行って、御施主さんと数回交渉をして、ようやく決まるものです。

 

お金を払う御施主さんはあなたですから、あなたや家族が納得できるまで、お風呂リフォーム業者を待たせておいてイイんです

 

交渉先を天秤にかけるのだって、あなたは御施主さんですから遠慮は不要、お構いナシです。(あなたは打ち合わせで大変になるかもしれませんが笑)

 

それで業者のほうがジれて

 

『今回◯◯日までにウチでお風呂リフォームをやらせてくれるなら、もっとお値引きします!』


 

なーんて更なる値引きを獲得できることもあるくらいですから、リフォーム工事業者を決めるのに焦ることは全然ありません。

 

あなたが失敗しないお風呂リフォームをするためにも

 

チェック お風呂リフォームを思いついた時点で、見積りや提案プランを集める

 

チェック 2〜3ヶ月かけて見積りをジックリ比較したり、工事内容をチェックする

 

チェック お風呂リフォームの知識を蓄えつつ、複数の業者さんと焦らず交渉し、最後は金額と質で決める

 

これがお風呂リフォームを一番安くできる、失敗しない方法です。

 

>私ならまずココ使います